『白いご飯にぴったり!はじめてのベトナムおかず いつもの食材で作れる60レシピ』伊藤忍 福井隆也/写真

『白いご飯にぴったり!はじめてのベトナムおかず〜 いつもの食材で作れる60レシピ〜』の見どころを一挙大公開!
ベトナム料理研究家・伊藤忍さんおすすめのベトナム家庭料理を一部ご紹介します。
この本1冊で、あなたの家の食卓にベトナム料理が加わることも夢じゃない!

従来の「アジアごはんレシピ」とは、ココが違う!
レシピイメージ ポイント
1日本人の食欲を刺激する料理ばかり
2料理初心者の方にも、おすすめです
料理教室を再現した伊藤忍さんのお料理メモでより分かりやすく
豊富なプロセスカットでさらにわかりやすく
食材取り扱い店

<ベトナム食材専門店>
福山商店
メコンセンター
<他食材店>
むら珍
アジアスーパーストア
ピッキーヌストア
タイフード
日光商事

豚肉と卵の煮もの

chapter1 ベトナム料理のおいしさの決め手 ヌックマムを使いこなす

豚肉と卵の煮もの (P30-31

  ベトナム版・豚の角煮。ベトナム南部風のものは、水ではなくココナッツジュースで煮ているため、独特のコクが出ていておいしいのです。本レシピではリンゴジュースを薄めて作っています。

ほか22品

キャベツと鶏のあえもの

chapter2 食感と味つけが絶妙!ご飯がすすむ野菜料理

キャベツと鶏のあえもの (P56-57

 ベトナム南部でポピュラーな料理。「家の冷蔵庫にいつもある材料で作れる!」と料理教室でも人気です。

ほか16品

じゃがいものスープ

chapter3 うま味がしっかりきいたダシを堪能 おかずにもなる具だくさんスープ

じゃがいものスープ (P66-67

 大好きなハノイの定食屋さんの人気メニュー。 ホロッとくずれるほど柔らかく煮たスペアリブのダシが効いたスープは、 ヌックマムは使わず、シンプルに塩味で仕上げます。

ほか6品

揚げ魚のトマトソース煮

chapter4 さらに、深い味わいを生み出す 香味野菜でレパートリーを広げよう

揚げ魚のトマトソース煮 (P92-93

 ベトナムのトマトソースは大豆醤油ベースのシーズニングソースやヌックマムで味つけをするので、白いご飯にもよく合います。 油につぶしたにんにくを入れて魚で揚げると、ガーリックの風味がしっかりとつきます。

ほか11品

白いご飯にぴったり!はじめてのベトナムおかず-いつもの食材で作れる60レシピ

白いご飯にぴったり!
はじめてのベトナムおかず
いつもの食材で作れる60レシピ


  最強おかずレシピ、ついに登場!ベトナム人の主食は、私たちと同じ“白いご飯”煮ものや炒めもの、お浸し風のゆで野菜に、具だくさんのスープ。ご飯がとまらない“お米の国”ベトナムの味を、普段の食卓に取り入れてみませんか?

伊藤忍
ベトナム料理研究家。ベトナム料理教室「An Com」主宰。フードコーディネーターを経て、約3年半ベトナムに移住。ベトナム語を習得し、一般の家庭やレストランで、調理法のほか食文化全般を学ぶ。現在は料理教室を中心に、ベトナム料理店へのメニュー指導、執筆、テレビ出演などを通して、ベトナム料理の魅力を伝えるべく活動。 また、定期的にベトナムに通い、新しい料理や知識の吸収にも余念がない。五感をフルに使い、真剣な眼差しで丁寧に調理する姿と、出来上がった料理をほおばる笑顔とのギャップが魅力の自他ともに認める「ベトナム料理の伝道師」。1972年、神奈川県生まれ。

福井隆也
写真家。1993年からベトナムに通いつづけ、2003年からの約3年間、妻子とともに現地に移住。現在は、料理雑誌を中心に撮影・執筆活動の場を広げ、ライフワークであるベトナムのほか、旅、食に関する取材を得意とする。 デジタル一眼レフを携え、日本各地をはじめ海外の生産地や料理人など食の現場をフットワーク軽く訪ねる姿は、まさに旅する写真家。また、日頃から台所に立ち、美味しい料理を作るべく、素材や調理法に並々ならぬこだわりを持つ。1963年、神奈川県生まれ。