TOP>YUBISASHI羅針盤シリーズ第2弾『がん患者はがんでは死なない』
新書創刊!YUBISASHI羅針盤プレミアムシリーズ第2弾!『がん患者はがんでは死なない』チェ・イルボン 著/舘野 皙 訳
YUBISASHI 羅針盤プレミアムシリーズ第2弾!

『がん患者はがんでは死なない』

<内容紹介>
驚くべきことに、がん患者の大部分は飢えて死ぬ。これは厳然たる事実である。アメリカの資料によると、胃がんと膵臓がん患者の83%に栄養失調の症状が見られたという。さらに、がん患者の20%以上は直接の死亡原因が栄養失調だった。
がんに打ち勝とうとするなら、無条件によく食べ、十分に休養して、心身が最上の状態であることを維持すべきだ。体力が低下すると、どんなに優れた治療をしても無駄になってしまう。きちんと食べることはもっとも重要であり、もっとも基礎的な「治療法」なのだ。

著者:チェ・イルボン
   (韓国カトリック大学仁川聖母病院転移再発がん病院長)
訳者:舘野 皙
新書判/192ページ
861円(本体価格+税)

商品購入ページ

著者略歴

チェ・イルボン
韓国カトリック大学仁川聖母病院
転移再発がん病院長

28年間、がん治療に献身し、サイバーナイフをはじめ放射線治療において韓国最高の専門医として認められている。カトリック大学校医科大学主任教授、カトリック医大聖母病院放射線腫瘍学科科長、およびサイバーナイフセンター副署長などを務め、国際超音波癌治療学会会長を歴任。現在、アジア温熱腫瘍学会会長及び大韓超音波癌治療学会会長。

訳者:舘野 皙(たての あきら)
自由寄稿家・韓国語翻訳家。中国・大連市生まれ。法政大学経済学部卒業。(社)出版文化国際交流会理事。編著書に「韓国式発想法」(NHK出版/生活人新書)、「韓国の出版事情」(共著、メディアパル)、訳書に韓勝憲「分断時代の法廷」(岩波書店)、金聖七「ソウルの人民軍」(共訳、社会評論社)など。
生きる勇気と元気を与える日本再生のための提言 羅針盤プレミアムシリーズ 01政治02経済03社会04文化05医療

私たちの暮らしを支える、政治、経済、医療、教育、外交、どの分野をとっても出口の見えない混沌とした時代に突入しています。
急激に変化する社会の中で、どう考え、行動していけばよいのか。
その道しるべとなるべく、50年後100年後も変わらない、人が人として生きていく根源的価値を、変わりゆく歴史の中で伝え続けたい。
本シリーズでは、出版の原点である紙媒体で表現できうる可能性をとことん追求し、活字に音声を加えたプレミアムな「知」を発信していきます。